議会活動報告

マニフェスト発表へのメッセージ

7月28日のローカルマニフェスト発表に合わせ、策定にご協力頂いた静岡大学馬居政幸教授より、出張先の沖縄からメッセージが届けられましたので紹介します。 メッセージは以下の通りです。

『熊本の皆さんこんにちは。

すばらしい、「アジア九州の未来を拓く・熊本市フューチャービジョン ライフアップマップ」完成おめでとうございます。

私は、研究者としてこのローカルマニフェストを三つの点から評価したいと思っております。 一つは地方議員の責任感の現れという事であります。地方議員の皆さんが英知を寄せ合ってこのマニフェストをつくられた。国会議員でもなかなか創れないものを、それも一つの政党が市民の皆さんへの責任をとるという形で出されたこの手紙はすばらしいものだと思っております。

もう一つは、その中身にかかわる事ですけれど、先見性という事です。少子高齢、人口減少という誰もが経験していない社会に今日本は向かっています。九州の現実も厳しい未来が待っていると推計されています。その中で熊本は三つのビジョンという方向で未来を見通しています。とりわけ九州は、男性の社会だというのを女性を中心に更には若い人たちの力をそしてそれをアジアに向けてというすばらしい観点を提示しながらそれを市民の皆様とともに作っていくという未来への責任を議員の皆さんが果たそうとされている姿勢はすばらしいものだと思います。

更に三つ目として、それが五つのターゲットとして極めて具体的に展開されていることです。議員の皆さんの責任が未来への先見性として具体的な一つ一つの政策として提示されている。それを見ながら市民の皆さんは評価出来るし、あるいは、参加することも可能です。議員の皆さんは自分たちの動きをちゃんと見ることが出来る。そういう意味で素晴らしいマニフェストが出来ました。支持者の皆様方と共に是非実現に向って頑張って下さい。

どうもおめでとうございました。』

当ホームページの内容の無断転用はご遠慮ください。