議会活動報告

第3回マニフェスト大賞授賞式で表彰されました。

11月7日に東京の六本木で、第3回マニフェスト大賞の授賞式が開催され、公明党熊本市議団が作成した「熊本市ヒュービジョン」(ローカルマニフェスト)がグランプリ対象に選抜され表彰されました。

残念ながら、グランプリは逃したものの、地方議会のマニフェストのあり方への挑戦として評価されました。

現在、掲げたビジョンやターゲットの実現に向け、熊本市が策定中の「総合計画」への反映を目指し修正協議を執行部と行っています。またマニフェストに掲げた政策項目の実現に向け、ネットワーク政党として頑張っていきます。

審査委員長の講評は次の通りです。

北川審査委員長(早稲田大学大学院教授)の講評

「既存施策の拡充などを中心とした要望型の議会活動から脱却し、熊本市が目指すべきビジョンとそれを実現するための政策を盛り込んだマニフェストをまとめたことにより、公明党熊本市議団は政策指向型の会派へと生まれ変わった。

また、実現しやすい政策だけでなく、女性や若者の問題など、自治体、議会、市民が協力して取り組まなければ解決できない課題を提起している点も、勇気ある挑戦として評価できる。

政策集団としての会派のあり方を示している点で、議会マニフェストの新しい挑戦といえるだろう。」

20081110_賞状

20081110_北川審査委員長

当ホームページの内容の無断転用はご遠慮ください。